HOME > 小児矯正の方法 矯正装置の紹介

小児矯正の方法 矯正装置の紹介

お子さまに最適な矯正方法を考え、ご納得いただいたうえで治療を開始します。

治療の流れ

お子さまの矯正治療については、おおよそ以下のような流れで進めていきます。

治療の流れのイメージ

(1) 初診相談

問診、視診、デジタルカメラによる口腔内写真撮影を行い、お子さまのお口の状態を診断します。
その後、カウンセリングルームで写真を見ながら、矯正治療の概略、期間、料金などについてご説明します。

(2) 精密検査

矯正治療を始めるために必要な、歯や顔の写真、歯や頭部のレントゲン、歯列の模型などをとります。

治療の流れのイメージ02

(3) 歯磨き指導

矯正治療をしても、虫歯になってしまっては意味がありませんので、患者さま一人ひとりに合った歯磨き指導を行います。また矯正治療期間は、装置を着けるなどして歯磨きがしにくい場合もありますので、その場合の歯磨きについても指導します。
この時、症状に関わらず顎関節のレントゲンを撮影します。

(4) 診断

精密検査の結果をもとにして、不正咬合の診断と治療計画、方法、期間について詳しく説明します。

(5) 治療開始

治療には「動的治療」と「静的治療」があります。

動的治療

早期治療

骨格の改善を図るため、お子さまのアゴの成長コントロールを行うことがあります。乱ぐい歯、受け口や出っ歯などの不正咬合がみられた場合、早期に治療を開始することがあります。

本格的な治療

本格的な装置はエッジワイズ装置を使用します。装置にはいくつか種類があります。また症状により、矯正治療前に床矯正を行う場合があります。

当院で使用している矯正装置

金属ブラケット
…通常の矯正装置です。表にブラケットがあり、歯磨きもしやすいというメリットがあります。
透明プラスチックブラケット
…ブラケットが透明なので、より目立ちにくいというメリットがあります。
リンガル(裏側)矯正
…歯の裏側に装着します。表から見えないのがメリットですが、舌に装置が当たる感触が気になる方もいます。また歯磨きがしにくいので、毎日のていねいなケアが必要です。

静的治療

矯正治療によって動かした歯の周囲の骨は新しくできた骨です。
歯と骨を支え、保護し、安定させるためリテーナー(保定装置)を用いて保定期間を設けます。保定装置は、歯は動かせませんが非常に重要な装置です。

矯正治療の目標

  • アゴと歯並びが正しく調整され、美しい顔立ちに
  • 歯と鼻が美しく整っている
  • 正しい噛み合わせを維持できている
  • 動かした歯が安定している
  • 成長コントロールしたアゴの骨のサポートができている
[小どもの矯正専門ガイド 岩崎矯正歯科]無料相談[今すぐお気軽にご相談ください]072-834-2987 [受付 時間]平日:14:00〜20:00 土曜:10:00〜12:00 14:00〜18:00 休診:木・日・祝日

大きな地図で見る〒572-0084
大阪府寝屋川市香里南之町30-1
第3林ビル2階
072-834-2987受付時間平日:14:00〜20:00
土曜:10:00〜12:00/14:00〜18:00
休診:木・日・祝日

詳しくはこちら